夢と希望がたくさんつまった私の理想の一戸建て

私が私が平和台に新築一戸建てを建てる際に第一に重要視したことは、平家であることです。
将来のことも考えてまず二階は必要ないと思いました。
子供が小さいうちに家を建てたということもあり、階段という危険を回避できます。
そして、これからのことも考えて、目の届く範囲に家族みんなが暮らしていけること。そこを重要視しました。
あとは、子供部屋。はじめは小さいので大きい部屋を作り、将来自分の部屋が欲しいと思った時に区切れるようにドアや窓も一つずつ取り付けています。

まず平屋の広い家にするために、まずは広い土地を探しました。
自然に囲まれた広い土地が見つかり、日当たりなども考えながら庭や家の配置を考慮しました。
キッチンをアイランドキッチンにして、真ん中に置き、玄関入って広いリビングとキッチン、その奥に子供部屋を作り、子供が目の届く範囲にいれるように、いつでも子供と触れ合える環境を作りました。
3人の子供部屋も区切ると1人3畳程度なので、ファミリースペースとして一つ廊下を広く取り、勉強机を作ってもらいました。そこで3人で並んで勉強ができるようにしています。

将来を見据えた家づくりをおすすめします。子供は何人なのか、歳をとって自分がどういう生活を送るのかなど想像しながら考えるといいと思います。